« 酪農ジャーナル 2012.JANUARY掲載 | HOME | 【レポート】第12回森林作業と木工の基礎実践ワークショップ »

【レポート】第11回森林作業と木工の基礎実践ワークショップ

第11回森林作業と木工の基礎実践ワークショップForestsoul Project 代表中川氏より
ワークショップのレポートが届きました。

Forestsoul Project PRESENTSワークショップ
★山とつきあう木とつきあう★VOL.11レポート

タイトル  きのこピザをつくる&明郷森の小径ついにオープン!
日時   2011年10月2日9:00―15:00
場所   明郷会館と向かいの林・伊藤牧場
天気   晴れ
参加者、スタッフ:11名

IMG_6608.jpg
Photoed by Maho Ishio

≪内容の総括≫
好転に恵まれた第11回では、おもに伊藤牧場酪農喫茶前から舗装道路を通り、側溝を跨いで牧草地を経て、キッシングゲートから森の小径入るルートの整備作業をしました。そしてそのなかで前回WSで泊まりがけで作った看板とベンチを設置し、小径内の刈り残しの笹を刈り、きのこを収穫しピザをつくろう、というものでした。

朝酪農喫茶前に集合し、早速牧場内の側溝に小橋を掛ける作業から。鍬で法面を切って防腐丸太をのせロープで縛ります。Sさんが手馴れたロープワークで縛っていきます。(丸太の上には板を載せ完成させますが、固定する釘がなく、それは来春以降に持ち越します。)

橋づくりと同時に夏に作った小看板の設置作業も。予めトラクターで立てておいた杭をチェンソーで削り、看板をビス止めし、酪農喫茶前から小橋・牧草地内へと導いていきます。
 
牧草地内ルートの草刈り作業もします。大学生の砂渡さんは草刈り初体験。KさんやTさんの手ほどきのもと晴れ渡る牧草地を参加者一同刈り進んで行きます。

そしていよいよ中看板と大看板をキッシングゲートに設置。どういう方法で杭に固定しようか以前から悩んでいたのですが、ビス以上ボルトナット未満の強度でラチェットレンチで取りつけできる六角コーチナットなるものが市販されていることを知り、それを使用。電動ドライバーで下穴をあけてそれぞれ設置完了!なかなか画になっているじゃないですか。大看板の前では皆で記念撮影も。

お昼ごはんは、昨年春に仕込んだ
ほだ木からはじめて出たしいたけを感動の収穫。ピザ生地にトッピングして焼き皆でおいしく食べました。


お昼からは林内の笹刈りと小看板の設置作業。スコップで深めに穴を掘りカケヤで叩きやや不安定ながらも(?)小看板を設置しました。

今回は屋外作業盛りだくさんでちょっぴり疲れましたが、ひとまず森の小径完成です!

2017年09月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30