« NHK第一放送 | HOME | 新・田舎人 第58号 »

ガイドウォーク(全2回)

12月の上旬、二回に分けて根室フットパスを歩きました。
来年より根室フットパスのオフィシャル(公認)ガイドをしてくださる方々と歩き、主に地図に記載しているルートの確認と、道の説明を行いました。

今後、オフィシャルガイドの方々に道に纏わる情報を随時提供していきます。
※オフィシャルガイド情報は追ってHPに記載します。

■■■ 別当賀パス歩き ■■■

2008/12/7(日) 晴れ

IMG_7109.jpg
別当賀の踏切あたりで国後島の爺爺岳を確認
※写真右斜め前方に肉眼で珍しくくっきりと見えました。

IMG_7127.jpg
彩路主催のワークキャンプで整備した道より、馬場牧場の旧サイロを望む

IMG_7136.jpg
根室フットパスのPR用DVDを作るのに、“東方企画”撮影担当のK氏は三脚を持ち歩き軽快なフットワークでウォーキングを撮影。

別当賀パスでルートマップに記されている道を全て歩きました。秋のフットパス整備ワークキャンプで標識を増やしたので大分利用しやすくなったのですが、今回歩いてみて不親切な箇所が浮き彫りになったので、今後改善していきたいと思います。


■■■ 厚床パス歩き ■■■

2008/12/14(日) 晴れ

IMG_7201.jpg
森づくりセンターのK氏も参加
樹木についての解説

IMG_7210.jpg
オオハクチョウの群れが上空に現れる
その後、鹿の群れと出合う

IMG_7220.jpg
タンチョウの足跡

根室ネイチャーセンターS氏より
野鳥についての解説

IMG_7271.jpg
雪景色の谷地

小川、頭に雪をかぶった谷地坊主たちの群生、けもの道・・・
樹木の下の笹が倒れているのを見て「木に寄り添って鹿たちが立ったまま眠るんですよ」とS氏。冬だからこそ感じられる生き物の息吹が新鮮でした。

IMG_7290.jpg
富丘より望む夕日

IMG_7298.jpg
夕日が沈んだ後の紺と橙のグラデーション

落葉し、草花の無い一見殺風景な冬も、視点を変えれば十分に楽しめる素晴らしい季節だと思いました。道案内をしながら、ガイドの方々からたくさんのことを勉強させていただきました。

酪農家集団AB―MOBIT事務局

2017年09月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30